松山英樹のキャディは誰?コーチ・トレーナーについても紹介!【祝!マスターズ優勝】

こんにちは、millです。

4月11日まで開催された米ゴルフツアー「マスターズ」で、日本人で初めて優勝した松山英樹さん。実況のアナウンサーや解説の方も感極まって言葉が出ないほど、国民に感動を与えてくれました。

悲願のマスターズ制覇は、松山英樹さんご本人は勿論ですが、”チーム松山”の勝利とも言われています。”コースへの一礼”が話題になったキャディだけでなく、トレーナーや通訳、コーチらが気持ちを1つにして栄冠を掴みました。

今回は、松山英樹さんの「キャディ・コーチ・トレーナー」についてご紹介いたします。

松山英樹のキャディは誰?【早藤将太】

”コースへの一礼”が話題になった、松山英樹さんのキャディは、「早藤将太」さんです。

まずはプロフィールについて、見ていきましょう!

名前早藤 将太 (はやふじ しょうた)
生年月日1993年10月7日
年齢27歳(2021年4月時点)
身長177cm
出身地東京都 世田谷区
ベストスコア65(軽井沢72東)

早藤将太さんは、松山英樹さんの明徳義塾中・高、東北福祉大の2年後輩で、松山さんとは、先輩後輩の関係でした。昔からの気の知れた関係なので、試合中も安心してプレーすることができたのではないでしょうか。

また、早藤さんは以前からキャディをやっていたわけではなく、元々は松山さんと同じくプロゴルファーでした。

中学では全国24位、高校では四国大会で優勝するほどの実力の持ち主でした。

しかし、プロになったのですが、思うような結果が出ず、生計を立てられないようになっていきました。そんな中、シード権を喪失したことをきっかけに、プロキャディの道を選ばれたとのことです。

2019年から、松山英樹さんのキャディを務めることになります。

マスターズの最終18番後に早藤さんがキャディとして、ピンを戻してコースに一礼する姿は世界中で反響を呼びました。

松山さんは、14日にオンラインで行った会見でこの行為について「良い行動をしていたんじゃないかなと思ったし、僕も一緒にできたら良かったなと思いました」と感謝していました。

松山英樹のコーチは誰?【目澤秀憲】

松山英樹さんのコーチは、「目澤秀憲」さんです。
現代のトッププロにとって、コーチは“15本目のクラブ”と言われています。

プロフィールについて、見ていきましょう。

名前目澤 秀憲(めざわ ひでのり)
生年月日1991年2月17日
年齢30歳(2021年4月時点)
身長175cm
出身地東京都
ベストスコア70

目澤さんは、日本大学出身で、卒業後にアメリカへ渡って、日本に数名しかいないアメリカのレッスンプロの資格TPIレベル3を保有しているそうです。

ちなみに、TPIとは、ゴルファーの身体的特徴を見つけ出し、選手がレベルアップに繋がるプログラムを提供する資格です。

松山英樹さんとは、2020年12月にコーチとして契約されました。
当時、コーチを付けない選手として有名だった松山さんがコーチをつけたことが、話題になっていました。

2人は昨年11月に米国で出会い、「ゴルフ理論が噛み合ったことで、一気に契約の話が進んだ」といわれています。素晴らしい実績と資格を持つ目澤さんなので、松山さんがコーチをお願いしたのも頷けますね!

目澤さんがコーチになり、一緒にやり始めてまだ3か月ですから、これからもっと進化することが予想されます。今後も楽しみですね。

松山英樹のトレーナーは誰?【飯田 光輝】

松山英樹さんのトレーナーは、「飯田光輝」さんです。

プロフィールについて、見ていきましょう。

名前飯田 光輝(いいだ みつてる)
生年月日1977年2月26日
年齢44歳(2021年4月時点)
身長178cm
出身地兵庫県
ベストスコア68(ダンロップゴルフコース)

飯田さんが37歳の時に、松山英樹さんの専属トレーナーとして契約したそうです。

「英樹と初めてタッグを組んだ時に約束したんです。『必ずメジャー優勝しよう。2年以内にしよう』。少し時間はかかってしまったけど、その約束を達成できたことがうれしかったです」と声を震わせた。(ジョージア州オーガスタ/亀山泰宏)

マスターズ優勝の際は、必死に涙をこらえる松山英樹さんと抱き合う前から、飯田光輝トレーナーの目は真っ赤でした。

届きそうで届かなかったメジャータイトルを、ついにつかんだ。 「エリンヒルズ(全米オープン)でもPGA(全米プロ)でも優勝争いをして負けてきて、英樹が一番勝ちたいと思ってきたマスターズで勝てたことが、うれしいです。つらいことも、そばで見てきました。負けたときも彼は頑張ることを決してやめなかった。日本人でもマスターズで勝てる、メジャーに勝てるということを(松山が)証明できたことが本当にうれしい」と万感の思いがにじんだ。(ジョージア州オーガスタ/亀山泰宏)

長い時間、苦楽を共にした松山さんと飯田さんの関係だからこそ、色々と込み上げてきたのでしょうね。

まとめ

今回は、松山英樹さんの「キャディ・コーチ・トレーナー」についてご紹介いたしました。

松山英樹さんのマスターズ優勝は、”チーム松山”全員で勝ち取ったと言われるのも頷けますね!これからのご活躍にも注目しましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!
それでは、また。

おすすめの記事