ジェシカ・ピルツのwiki風プロフィール!身長・経歴・出身国は?

こんにちは、millです。

2020東京オリンピックから正式なオリンピック種目となったスポーツクライミング。

「ジェシカ・ピルツ」選手という方をご存知でしょうか。

ボルダリングで急成長したことで注目を集めている、2020東京オリンピックにも出場される選手です。

今回は、ジェシカ・ピルツさんの、

・wiki風プロフィール
・経歴、大会での成績
・2020東京オリンピックの出場日程

についてご紹介いたします。

ジェシカ・ピルツのwiki風プロフィール

名前ジェシカ・ピルツ (Jessica PILZ)
生年月日1996年11月22日
年齢24歳
出身国オーストリア
身長165cm
競技スポーツクライミング
得意種目リード・ボルダリング

得意種目に「リード・ボルダリング」とありますが、違いについて簡単にお伝えいたします。

垂直の壁を登る競技であるスポーツクライミング。

その中でも、以下の3つに分けられます。

・登る速さを競う「スピード」
・高さ4mの壁を時間内にいくつ登れるかを競う「ボルダリング」
・15mの壁をどこまで登れるかを競う「リード」

ジェシカ・ピルツ選手は、「リード・ボルダリング」を得意としています。

ジェシカ・ピルツの経歴・大会での成績

ジェシカ・ピルツ選手は、クライミングを始めてわずか1ヶ月で地元のイベントに参加しました。

たまたまトレーナーから遊びで参加するように言われた彼女は、プレッシャーを感じることなくひたすら上を目指して登り続けました。

元々インドア派ではありましたが、このイベントでクライミングの魅力を知った彼女は、すぐにオーストリア国内のイベントに参加するようになり、2010年に全国ベスト4に入り、その後は様々な大会で実績を積んでいます。

主な戦歴は以下の通りです。

2011年
(14歳)
IFSC 世界ユース選手権 イムスト 2011(ユースB女子 リード)優勝
2012年
(15歳)
IIFSC 世界ユース選手権 シンガポール 2012(ユースA女子 リード)優勝
2013年
(16歳)
IFSC 世界ユース選手権 セントラル・サーニッチ 2013
(ユースA女子 リード)優勝
2014年
(17歳)
IFSC 世界ユース選手権 ヌメア 2014(ジュニア女子 リード)準優勝
2015年
(18歳)
IFSC 世界ユース選手権 アルコ 2015(ジュニア女子 ボルダリング)3位
2017年
(20歳)
チャイナ オープン 広州 2017(女子 リード)準優勝
2018年
(21歳)
IFSC クライミング・世界選手権 2018(女子 リード)優勝
2019年
(22歳)
IFSC クライミング・ワールドカップ(L)クラーニ 2019(女子 リード)準優勝

上記は抜粋したものですが、他にも上位入賞している大会があります。コンスタントに結果を残せているのは、本当にすごいですね。

また、2018年の世界選手権では、クライミングの神童と呼ばれている、無敵の「ヤンヤ・ガンブレッド」を倒し、世界選手権のリード新女王となりました。

ジェシカ・ピルツの2020東京オリンピックの出場日程

ジェシカ・ピルツ選手のスポーツクライミングは、2020東京オリンピックで、

・2021年8月4日(水)に予選
・8月6日(金)に決勝

が行われます。詳細は以下の通りです。

スポーツクライミング女子 予選(8月4日)

開催日時種目会場
8月4日 17時00分女子複合予選スピード青海アーバンスポーツパーク
8月4日 18時00分女子複合予選ボルダリング青海アーバンスポーツパーク
8月4日 21時10分女子複合予選リード青海アーバンスポーツパーク

スポーツクライミング女子 決勝(8月6日)

開催時間種目会場
8月6日 17時30分女子複合決勝スピード青海アーバンスポーツパーク
8月6日 18時30分女子複合決勝ボルダリング青海アーバンスポーツパーク
8月6日 21時10分女子複合決勝リード青海アーバンスポーツパーク

まとめ

今回は、ジェシカ・ピルツ選手について、詳しくお伝えしていきました。

・出身国:オーストリア
・身長:165cm
・得意種目:リード・ボルダリング

スポーツクライミングは、東京オリンピックで、2021年8月4日(水)に予選、8月6日(金)に決勝が行われます。

ボルダリングでも成長中の、ジェシカ・ピルツ選手。素顔はチャーミングで謙虚な24歳。さらなる進化に注目です。

ジェシカ・ピルツ選手はメダル候補として出場されるので、要注目ですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!
それでは、また。

おすすめの記事