アイマー(歌手)の読み方は?鬼滅・あなたの番です主題歌!年齢・本名も調査!

こんにちは、millです。

TVアニメ「鬼滅の刃」の遊郭編が始まりましたが、主題歌を担当している歌手をご存知でしょうか。

「Aimer」さんという歌手です。

オープニングテーマ「残響散歌(ざんきょうさんか)」、エンディングテーマ「朝が来る」の両方を担当しています。遊郭編にピッタリな歌ですよね。 

今回は、Aimerさんについて、

・Aimerの読み方
・Aimerの意味・由来は?
・Aimerのプロフィール
・Aimerの代表曲など

をご紹介いたします。

Aimerの読み方は?アイマー?

「Aimer」って何て読むの?アイマー?って思われた方が多いと思います。

Aimerさんは、「エメ」と読みます。

初めてAimerという名前を見て、「エメ」と答えられる人は少ないのではないでしょうか。私も初めてAimerさんを知った時は、アイマーと思っていました。

Aimerの意味や由来は?

続いて、Aimerの意味や由来について見ていきましょう。

Aimerとは、フランス語で「愛する」「好む」といった意味があるそうです。

Aimerの由来については、「エメ」が、ご自身の愛称だったことからつけたそうです。

フランス語だったのですね。。通りで読めないはずです笑

Aimerのwiki風プロフィール

続いて、Aimerさんのプロフィールについてご紹介いたします。

引用元:本人Twitterより
名前Aimer(エメ)
別名(作詞家)aimerrhythm(エメリズム)
本名非公表
生年月日1990年7月9日
年齢31歳(2021年12月時点)
出身熊本県
職業歌手・作詞家

Aimerさんの本名について調査したのですが、公表されていませんでした。

また、Aimerさんは、歌手だけでなく、作詞家としても活動されていて、その際は「aimerrhythm(エメリズム)」という名義を使用しています。

歌手だけでなく、作詞まで手掛けられていて、多才な方ですね!

Aimerの代表曲

Aimerさんはこれまで、

2011年9月7日発売の1stシングル「六等星の夜/悲しみはオーロラに/TWINKLE TWINKLE STAR」から、

2020年9月9日に発売された「SPARK-AGAIN」まで、19曲をリリースしています。

ドラマやアニメなどの主題歌も担当することが多い「Aimer」さんの代表曲を、曲名と主題歌となった作品名と合わせてお伝えします。

曲名作品名
RE:I AM機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)episode6「宇宙と地球と(そらとほしと)」主題歌
StarRingChild機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)episode 7「虹の彼方に」主題歌
蝶々結び日本テレビ系 「スッキリ!!」 8月テーマソング
Re:prayテレビ東京系「BLEACH」エンディングテーマ(2011年10月クール)
茜さすTVアニメ「夏目友人帳伍」エンディングテーマ
カタオモイTBS系『CDTV』10・11月度オープニングテーマ
I beg you 劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel]」Ⅱ.lostbutterfly主題歌
花の唄劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel]」Ⅰ.presage flower 主題歌

「あなたの番です」の主題歌も担当

他にも、日本テレビ系の人気ドラマ「あなたの番です」の主題歌として、

「STAND-ALONE」が起用されていました。

また、「あなたの番です」が映画化される際の主題歌として、

ONE AND LAST」が起用されました。

「鬼滅の刃」の主題歌も担当

そして最新曲「残響散歌」が、大人気アニメ「鬼滅の刃」のオープニングテーマとして、

「朝が来る」がエンディングテーマとして起用されています。

鬼滅の刃の「遊郭編」の艶やかな雰囲気も感じられて、アニメ作品とすごく合っている曲ですよね!

【Amazon.co.jp限定】残響散歌 / 朝が来る (期間生産限定盤) (メガジャケ付)

まとめ

今回は、Aimerさんについて、

・Aimerの読み方
・Aimerの意味・由来は?
・Aimerのプロフィール
・Aimerの代表曲など

をご紹介いたしました。

Aimerさんの読み方は”エメ”でしたね。

”エメ”の由来については自身の愛称で、フランス語で「愛する」「好む」という意味があるとのことでした。

歌手だけでなく、作詞家aimerrhythm(エメリズム)としての顔を持っていて、本名については公表されていませんでしたね。

Aimerさんの今後のご活躍に注目しましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
それでは、また。

おすすめの記事