大勢(巨人)の読み方は?登録名は苗字本名?名前の由来も調査!

読売ジャイアンツのドラフト1位ルーキーとして、2022年のプロ野球開幕以降、大活躍の「大勢」選手。

サイドスローから繰り出す157kmのストレートは一級品で、プロのバッターでも振り遅れるほどです。

今回は、そんな”大勢”選手の登録名(名前)について調査しました。

この記事では、「大勢(巨人)」について、

・大勢(巨人)の読み方は?
・大勢(巨人)の登録名は苗字?名前?
・大勢(巨人)の由来について
・大勢(巨人)のwiki風プロフィール

をご紹介いたします。

大勢(巨人)の読み方は?

まず、大勢選手の読み方についてです。

何と読むのか、わからない方も多いようです。

巨人の”大勢”投手は、

大勢(たいせい) と読みます。

大勢(巨人)の登録名は苗字?名前?

続いて、大勢(たいせい)という登録名は

名前なのか・苗字なのか、という点についてお伝えします。

大勢投手の本名は、「翁田 大勢(おうた たいせい)」 です。

なので、「大勢」は名前ということになります。

巨人が下の名前を登録名にした初めての選手!?

実は、巨人では 「原則として愛称などの登録名は認めていない」 のです。

2011年にロッテから巨人にシーズン途中でトレードで移籍した「サブロー選手」は、巨人の愛称での登録が認めていないことから、

登録名を「サブロー」から本名の「大村三郎」に変更していたほどです。

なので、 大勢(たいせい)選手が、巨人の新人では初の下の名前を登録名にした選手 ということになります。

長年本名(苗字)での登録名しか認めていなかった巨人だけに、これには驚いた方も多いのではないでしょうか。

大勢が下の名前で登録となった理由

大勢選手が下の名前での登録となったのには理由があります。

巨人の選手では初めての試みとなりますが、実は 発案者は「原監督」 でした。

理由としては、巨人には「太田(龍)」という選手いるのですが、読み方が同じ「おおた」ということで、読み方が「おうた」と似ていることから。

他には、「大勢」という名前が「大きな勢い」、素晴らしい名前だから登録名にしようという原監督の発案でなったそうです。

原則、愛称での登録名を認めていない巨人ではありますが、こういった経緯もあり、監督直々に命名したことから、下の名前での登録となったということですね!

大勢(巨人)の由来について

”大勢”という名前の由来についてです。

翁田家の次男として生まれた大勢さんですが、陣痛が始まっても中々生まれず、大勢の人に見守られながら産まれたことから、「大勢(たいせい)」と名付けられたそうです。

また、他にも理由があるそうで、

大勢が産まれた当時の大人気ドラマ「救命病棟24時」に出演していた俳優の江口洋介さんが演じた「進藤一生」から、一生の”一”より”大”かなと思い、「大勢」にしたいった由来もありました。

大勢(巨人)のwiki風プロフィール

引用元:https://baseballking.jp/ns/316857
名前大勢(たいせい)
本名翁田 大勢(おうた たいせい)
生年月日1999年6月29日
年齢22歳(2022年4月時点)
身長181cm
体重86kg
出身兵庫県
血液型O型

まとめ

この記事では、「大勢(巨人)」の、

・大勢(巨人)の読み方は?
・大勢(巨人)の登録名は苗字?名前?
・大勢(巨人)の由来について
・大勢(巨人)のwiki風プロフィール

について、ご紹介いたしました。

巨人の球団初の下の名前での登録に、大勢選手は「伝統ある球団で自分が初なのは恐縮」と言いつつも、「それに見合う選手になりたい」との言っていました。

大勢選手の今後の活躍に注目しましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
それでは、また。

おすすめの記事