きりたんぽの年収・月収はいくら?収入源や手取りも調査!

女性YouTuberのきりたんぽさん。

美容・ファッション・食べ物などの動画を中心に、ドッキリ動画も投稿しているチャンネルで、2022年6月4日時点で、登録者数が130万人の人気YouTuberです。

今回は、きりたんぽさんの気になる

・年収
・月収
・収入源
・手取り

について調査しましたので、お伝えいたします。

きりたんぽの年収・月収・収入源は?

引用元:https://uuum.jp/creator/kiritampo

きりたんぽさんの主な仕事はYouTubeでの活動です。

きりたんぽさんの年収は「3,527万円」
きりたんぽさんの月収は「313万円」

と考えれられます。

きりたんぽさんの収入源としては、以下の4つがあります。

・YouTube
・TikTok
・インスタグラム
・書籍販売

それでは、それぞれの収入について、詳しくお伝えいたします。

きりたんぽのYouTubeの収益はいくら?

引用元:https://www.pinterest.jp/pin/585960601525434706/

きりたんぽさんは、2016年4月からYouTubeを始めました。

ジャンルとしては、主に「美容・ファッション・食べ物」などです。

そして、YouTubeでの収益には主に3つの種類があります。

①広告収入・・・YouTube動画視聴中の広告表示による収入
②企業案件・・・企業から直接もらう案件によるもの
③Liveでの投げ銭・・・ライブ配信時の視聴者からの投げ銭(スーパーチャット)

きりたんぽのYouTubeの広告収入は?

YouTubeは、投稿した動画が再生された回数に応じて広告掲載料が報酬として支払われます。

そして、1再生あたりの報酬単価については、

「ビジネス」「ゲーム実況」「美容」「料理」「子供向け」などジャンルによって異なり、

「0.01円」のチャンネルもあれば、「0.5円」のチャンネルもあります。

そして、YouTubeの報酬単価の目安としては、

大体平均すると「1再生=0.1円」と言われています。

上記をもとに計算すると、

・動画投稿頻度:平均6回/月
・動画再生回数:平均50万回/1動画
・広告収益:0.1円(平均単価)

きりたんぽのYouTubeの広告収入は、

月収:6回×50万回×0.1=30万円
年収:30万円(月収)×12ヶ月=360万円

という計算になりました!

きりたんぽのYouTubeの企業案件収入は?

YouTubeの企業案件の費用相場

YouTuberのチャンネル登録者数から算出する場合は、およそ「チャンネル登録者数×3~5円」ほどが相場となっています。

引用元:https://knock.co.jp/knock_times/youtubeoperation-mattercost/

チャンネル登録者数1人あたり3円〜5円とのことですが、今回は、「3円」で計算してみたいと思います。

上記をもとに、

きりたんぽさんのチャンネル登録者数130万人×3円=390万円

仮に1年に4件の企業案件があったとすると、

年収:390万円×4回=1,590万円
月収:1,590万円(年収)÷12ヶ月=132万円

という計算になりました!

きりたんぽのTikTokの収益はいくら?

引用元:https://www.pinterest.jp/pin/585960601525434644/?mt=login

TikTokは、2021年3月から、日本での収益化(投げ銭機能)が始まりました。

TikTokでの収益には主に3つの種類があります。

①企業案件・・・企業から直接もらう案件によるもの
②Liveでの投げ銭・・・ライブ配信時、視聴者からのギフトによる投げ銭
③他プラットフォームへの誘導・・・例えば、YouTubeチャンネルへ誘導することで広告収入を得るなど

<TikTokには広告収入がない!>
2022年5月時点で、TikTok内ではYouTubeのような広告収入を得る仕組みはありません。

きりたんぽのTikTokの企業案件収入は?

TikTokの企業案件の報酬額は、基本的にフォロワーの数で決まると言われています。

相場としては大体1フォロワーあたり2円~6円ほどですが、場合によってはそれ以上の高額報酬を得られる可能性もあります。

引用元:https://studio15.co.jp/media/tiktok-corporate-project/

1フォロワーあたり2円〜6円とのことですが、今回は、「2円」で計算してみたいと思います。

上記をもとに、

きりたんぽさんのフォロワー数140万人×2円=280万円

仮に1年に4件の企業案件があったとすると、

年収:280万円×4回=1,120万円
月収:1,120万円(年収)÷12ヶ月=93万円

という計算になりました!

きりたんぽのインスタグラムの収益はいくら?

インスタグラム(Instagram)は、写真や動画を投稿し、投稿者の日常を見て楽しむイメージがありますよね。

Instagramでの収益には主に2つの種類があります。

①企業案件・・・企業から直接もらう案件によるもの
②商品販売・・・インスタライブを活用し、自身の商品を紹介

きりたんぽのインスタグラムの企業案件収入は?

大きな影響力(=たくさんのフォロワー数)を持っている人ほど、報酬が高くなります。あくまで目安となりますが、1投稿あたり1フォロワー1円がひとつの目安になります。例えば、フォロワー数1万人であれば、1投稿1万円です。

引用元:https://andbuzz.net/forum/article?articleids=8

1フォロワーあたり、1円として計算してみたいと思います。

上記をもとに、

きりたんぽさんのフォロワー数71万人×1円=71万円

仮に1年に4回の企業案件があったとすると、

月収:71万円
年収:71万円(月収)×4回=284万円

という計算になりました!

きりたんぽの書籍の印税はいくら?

引用元:https://www.pinterest.jp/clum59/きりたんぽ/

きりたんぽさんは、2018年8月に、「きりたんぽファースト写真集 ぽ」を出版しています。

印税には相場があり(これを「印税率」といいます。)、書籍の場合は「本の定価の10%」が多いようです 。そして、印税の計算式としては、「本の定価×発行部数×印税率」が一般的に用いられております。

引用元:https://www.innovations-i.com/copyright-info/?id=32

そして、初版は大体5,000部〜10,000部で発行されることが多いそうです。

上記から、

仮に年間で1万冊売れたと仮定すると、

年収:2,037円(本の定価)×10,000冊(販売冊数)×10%(印税)=203万円
月収:203万円(月収)÷12ヶ月=17万円

となります。

きりたんぽの年収の内訳金額

これまでご紹介した内容をもとにまとめてみると、

・YouTube収入:1,920万円
・TikTok収入:1,120万円
・インスタグラム収入:284万円
・書籍の印税収入:203万円
上記から、きりたんぽさんの年収は 「3,527万円」 であるという予想結果になりました。

きりたんぽの月収の内訳金額

これまでご紹介した内容をもとにまとめてみると、

・YouTube収入:132万円
・TikTok収入:93万円
・インスタグラム収入:71万円
・書籍の印税収入:17万円
上記から、きりたんぽさんの月収は 「313万円」 であるという予想結果になりました。

きりたんぽの手取りはいくら?

引用元:https://www.pinterest.jp/pin/515662226093136686/

これまできりたんぽさんの年収・月収予想を行いましたが、

最後に、手取りだといくらになるのかも算出してみました。

手取りの算出については、以下をもとにしています。

実は、手取りの額は税金や扶養の有無などにより変動しますが、およそ全額の「75~80%」であると言われているのです。そのため、総支給に0.75、もしくは0.8をかけることで、大まかな手取りを知ることが可能です。

引用元:https://www.sankeibiz.jp/article/20220324-AMOWLGXAW5EPPGBDYK56KIPMUI/?outputType=theme_bizjob

今回は年収・月収の75%だった場合で計算します。

手取り(年収):3,527万円(額面上の年収)×0.75=2,645万円
手取り(月収):313万円(額面上の月収)×0.75=234万円

きりたんぽさんの手取りは、

月収:234万円
年収:2,645万円

という予想結果になりました。

まとめ

今回は「きりたんぽ」さんの、

・年収
・月収
・収入源
・手取り

について調査した結果をお伝えいたしました。

きりたんぽさんは様々なところで活躍されていますよね!今後の活動にも注目しましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

それでは、また。

おすすめの記事