【日ハム新球場】場所はどこ?なぜ移転?いつ完成予定か・屋根・広さも調査!

こんにちは、millです。

北海道札幌市を拠点に活動している、北海道日本ハムファイターズ。

現在は「札幌ドーム」を本拠地としていますが、2023年からは新球場へ移転することが決まっています。

移転理由や新球場の場所など、色々と気になりますよね。

この記事では、日ハム新球場の、

・【日ハム新球場】なぜ移転?理由は?
・【日ハム新球場】場所はどこ?所在地を確認
・【日ハム新球場】いつ完成予定なのか
・【日ハム新球場】駅名は「北海道ボールパーク駅」
・【日ハム新球場】屋根の有無・広さなど
・【日ハム新球場】ファンの声

について、ご紹介いたします。

【日ハム新球場】なぜ移転?理由は?

2004年から、札幌ドームを本拠地としている北海道日本ハムファイターズ。

2023年からは、新球場 「エスコンフィールドHOKKAIDO」 への移転を予定しています。

まず、なぜ移転することになったかについてお伝えいたします。

様々な理由がありますが、理由としては4点があげられます。

①賃料が高い

札幌ドームの利用料は 約30億円/年 と言われています。

他の球団で見てみると、

東京ドーム(巨人)は25億〜30億/年だそうです。

金額は大体同じくらいですが、札幌ドームは札幌・東京ドームは後楽園と、その土地の相場で考えると、高く感じますね。

他の球場の賃料など、相場を記載する。

日ハム側は札幌を本拠地として使用したかったため、ドームの利用料について札幌市に値下げの要請をするも、札幌市はそれに応じることはありませんでした。

②球団グッズの販売利益が吸収されている

球場グッズの販売利益については、

球場内での飲食やグッズ販売をしても、 収益の約30%が徴収される など、

球団側に入る金額が不利な契約になっていたのだとか。

新しい球場になれば、売り上げた分だけ球団側にそのまま入るので、問題なさそうですね!

③球場の人工芝が硬い

札幌ドームの人工芝は硬いことで有名です。

それにより、 怪我のリスクが上がる ので、選手への負担が増えてしまいます。

というのも、札幌ドームは「北海道コンサドーレ札幌」のホームグラウンドでもあるため、サッカーの試合も行っているのです。

また、コンサートや展示会も行っています。

このような場面転換作業が発生するため、使用用途に応じて都度、野球で使用している芝生シート巻き取る作業が発生します。

こういった背景から、 野球用の芝生シートが薄く 、クッション性がなくなっている状況です。

▼以下画像が、芝生シートです。

コンクリートの上にそのまま敷いてあるのが、硬い理由です。

選手は試合だけでなく、普段練習でも使用するグラウンドなので、なるべく良い環境にしてあげたほうが良いですよね^^;

日ハムの中島卓也選手も、「札幌ドームは下が硬いので足にきたりする」と仰っていました。

そんな中積極的な守備・走塁をしていたのはさすがプロですね笑

④日ハムは飲食メーカーなのに、飲食での収益が無い

札幌ドームには、

・サブウェイ
・ケンタッキー
・ピザーラ
・モスバーガー
・銀だこ

などのファストフード店が出店しています。

日本ハムは食品メーカーなので、出店すればそれなりに利益も出るかと思いますが、関連の店舗はありません。

新球場になれば、日本ハムの飲食での収益も見込めそうですよね!

以上の4点が、考えられる理由となります。

移転理由を見ると、シンプルに、お金を搾取されるシステムに嫌気がさしたのでは・・・と感じますね。

新球場を作ることで、初期投資費用はかかるものの、チケットやグッズ費用などがそのまま球団に入るメリットは大きいですよね。

利益が上がれば、他球団のように戦力補強を行うことができるかもしれませんね!

【日ハム新球場】場所はどこ?所在地を確認

北海道日本ハムファイターズの新球場の場所は、

札幌の隣町である 「北広島市」 です。

札幌駅からだと、電車で「約16分」・車で「約30分」ほどの距離です。

「ES CON FIELD HOKKAIDO(エスコン フィールド HOKKAIDO)」は、

北広島市の 「きたひろしま総合運動公園」内 への建設予定となっています。

郵便番号061-1112
住所北海道北広島市共栄263

【日ハム新球場】いつ完成予定なのか

北海道日本ハムファイターズの新球場、

「ES CON FIELD HOKKAIDO(エスコン フィールド HOKKAIDO)」は、

2023年3月 に北広島市に開業予定となっております。

その建設費用は、 「約600億円」 だそうです。

https://news.yahoo.co.jp/articles/dd2df3b6ab05f2d08c44f5f519ef98131b16b083/images/000

https://news.yahoo.co.jp/articles/dd2df3b6ab05f2d08c44f5f519ef98131b16b083/images/000

球場内には宿泊施設やサウナ・温泉施設などが入っていて、球場周辺にはショッピングモールや子供向け施設など、充実しています。

【日ハム新球場】駅名は「北海道ボールパーク駅」

日ハムの新球場、「エスコン フィールド HOKKAIDO」に直結する形で、

新駅の設置を予定しています。

駅名は、 北海道ボールパーク駅

https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20191211_KO_BP.pdf
開業は、 2027年度末(2028年3月ごろ) を予定しています。

新球場が2023年3月〜なので、球場直結の新駅は約5年後の予定となります。

それまでは、自家用車や、北広島駅からのバス利用などで足を運ぶ形になりそうです。

千歳線の「北広島駅」からは、徒歩で22分くらいだそうです。

【日ハム新球場】屋根の有無・広さなど

続いては、新球場の設備についてです。

日ハム新球場の「屋根」

全長130メートルの屋根は可動可能 な作りになっていて、

最終的には、 「約25分」で開閉可能 になる予定だそうです。

https://www.watch.impress.co.jp/docs/news/1420720.html

BIGBOSSこと新庄剛志監督は、天井から降り立つことも考えているそうですよ!

可動式なので、演出面でも色々なことができそうですね。

日ハム新球場の「広さ」

様々な施設が並ぶ約32ヘクタールの「北海道ボールパークビレッジ」の中に、

「エスコン フィールド HOKKAIDO」の球場が建てられます。

そして、球場の 「両翼は100m」 です。

札幌ドームより外野フェンスが低いので、今と比べるとホームラン数が増えると思います。

なお、収容人員は 35000人予定 です。

【日ハム新球場】ファンの声

最後に、日ハム新球場について、ネット上でのファンの反応を見ていきましょう。

楽しみにされている方が多かったです!

開閉式の屋根だけでなく、世界初の天然温泉・サウナ付き球場とあって、色々と気になる点が多いですね!すごく楽しみです。

まとめ

この記事では、

・【日ハム新球場】なぜ移転?理由は?
・【日ハム新球場】場所はどこ?所在地を確認
・【日ハム新球場】いつ完成予定なのか
・【日ハム新球場】駅名は「北海道ボールパーク駅」
・【日ハム新球場】屋根の有無・広さなど
・【日ハム新球場】ファンの声

について、ご紹介いたしました。

いかがでしたでしょうか。

今まで抱えていた問題が新球場によって解決されるので、2023年3月の完成が今から楽しみです。

ファンだけでなく、選手にとっても良い環境になりそうですし、期待感しかないですね!!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
それでは、また。

おすすめの記事